自慰について

自慰とは

性交とは違い自分の手や器具などを用いて自分の性器を刺激し、性的な快感を得るという行為を自慰といいます。マスターベーションといった方が解りやすいかもしれません。
自慰は思春期以後の性の成熟過程でごく自然に体験するものであり、自慰をする時は性的空想を伴うのが普通とされています。
自慰事態は悪いことではありませんが、1人の世界に没頭できる自慰の感覚に慣れてしまうあまり実際の性交とのギャップが生じてしまうこともあります。自慰を行う事で異性との性交に影響を及ぼすようなら控えるべきだと思われます。

自慰について

男性の自慰行為

様々な刺激から性的に興奮し、勃起した男性器を手で握って上下にピストン運動をしたり、擦ったりするほか、亀頭をやわらかいもので刺激したり布団などに押し付けたりして刺激する場合もあります。
また中には女性器を模したオナホールを使用する人もいるようです。
陰茎の包皮は亀頭を保護する膜なので、包皮を被せたまま刺激するケースも多く、刺激を与え続けるとオーガズムに達し射精に至ります。
性的興奮を高めるため、成人向けの写真誌やアダルトビデオ、アダルトサイトのほか成人向け漫画・アニメ・ゲーム・官能小説などを見たり読んだりして自慰に至ることが多いですが、性的対象の裸体や性的行為などの空想だけで行うこともあります。
普通は性行為と同様、人に見られることを避けて行うものです。

自慰について

女性の自慰行為

女性の場合、自分の性器や乳房や肛門を指で刺激するほか、最近ではバイブレータを使用する人もいるようです。
また、陰部を圧迫するだけでオーガズムに達するという人もいるようです。
女性科学研究所の著物によると女性は、基本的に男性とは違い、ホルモンバランスの影響を除き、生理的な欲情が発生しないため外的要因によって、脳を興奮状態に置く必要があるとされています。
その例として「好きな男性が抱きついてくること」や「実際に性交に及ぶことをイメージする」などがあげられる一方で「ポルノ映画などのシーンを想像することは少ない」とされています。

自慰について

ED

最近注目されているED。
テレビCMなどで聞いたことのある人も多いでしょう。
EDとは英語で「Erectile Dysfunction」、「勃起機能の低下」を意味し、日本語では「勃起障害」あるいは「勃起不全」と訳されます。
そのような言葉にすると、完全に勃起しない状態、と捉えがちですが、実はそうではなく、勃起するのに時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまい、満足のいく性交ができない・・・といった状態のことのようです。
そう感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。
専門的には、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と定義されています。

自慰について

EDと自慰の行為の関係

自慰行為は性交時に悪影響を及ぼすのか?と言われれば「自慰行為自体は必ずしも悪ではないが、悪い影響を及ぼすことも多い。」といったところでしょう。
具体的には何が悪いのか、まず挙げられるのが、「良くない自慰行為の方法により、性交時に勃起しにくくなってしまう」というもの。
通常の性交とは大きく異なった状態での性的刺激を続けることによって、通常の性交では興奮しなかったり、女性器による刺激では快感が得られなったり、勃起が持続できないといった問題が起こってしまうのです。
一般に、男性が自分の手で自由に力を調節しながら行う自慰行為と女性器との摩擦による快感を比べると、明らかに後者の刺激の方が弱いため、
自慰行為による強い刺激に慣れてしまうと、ペニスを挿入しても快感が得られなくなるようです。
特殊な自慰行為や、強すぎる刺激は性交時の中折れの原因となります。
このような状態に心当たりのある人は、こういった自慰行為を見直してみることです。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。